空色展

 

CD: 守本悠一郎 / D: Tsuyoshi Takei

CL:社会福祉法人武蔵野 / 2018

素朴でオーガニックな展示空間
 
「空色手ぬぐい」のコンサルティングを始めて2年目の展示販売会。今年は商品としての魅力を高めるため、ラインナップとして「空色ハンカチ」と「空色エプロン」を新たに制作した。新商品を増やすということは、その新商品を売ることだけが目的ではなく、既存商品と組み合わせて見せることで「ブランド力」を高めるという目的もある。
展示としては、商品を着飾るのではなく、素朴に、そのままを見せることを意識した。3種類の大きさも形も異なる商品群だが、パッケージに使うクラフト紙を統一し、またその折り方にも決まりを設けることで、ブランドとしての統一感も演出した。
 

クライアントの声

自分たちで作っている商品を職員が展示販売をするときにどうしていけば良いのか、悩んだり、迷ったりすることがあります。そんな時に守本さんに協力してもらって展示会でレイアウトしてもらうと普段と全然見え方が違うから、こっちも商品に対する見方が変わります。

Rustic and organic exhibition space.
 
The exhibition sales meeting of the second year after I started consulting "sky blue towel". In order to increase the appeal as a product this year, we have newly created "sky color handkerchief" and "sky color apron" as a lineup. Increasing the number of new products is not the only purpose of selling the new product, but also has the purpose of enhancing "brand power" by showing it in combination with existing products.
As an exhibition, I was conscious of showing the item as it is, rather than dressing the product. Three sizes and shapes are different product groups, but we unified the kraft paper used for packaging, and also decided the way to fold it, so it also produced a sense of unity as a brand.

 

 

空色手ぬぐいについてはこちら

<home

©︎2019 NEWPLAIN

contact