JELLYFISH LIGHT

 

CD: 守本悠一郎 / D: Shiori Yoshioka

2019

1枚の平面からできる照明

 

JELLYFISH LIGHTは1枚のシートからできる照明である。シートの端を止めていくことで、絞られた平面が球状にまとまっていき、立体に変化する。その立体は、触れてみると照明としては珍しい"柔らかさ"をもっている。カタチの柔らかさ、放たれる光の柔らかさ、触感の柔らかさ、それら3つの"柔らかさ"をリンクさせることを目指した。そのシェードから光が透ける様子は、透明感を持ちながら海を漂う"海月"のように見えたため、この照明をJELLYFISH LIGHTと名付けた。

球状でシメントリーな形は、1つでシーリングにも卓上にも対応するデザイン的"強度"を持つ。また、"ひだ"の位置が少し変わるだけで全体のフォルムが大きく変化するため、まるで生き物のようにそのかたちを変えることができる。サイズの検証はもちろん、3Dプリンターを用いた電球とのドッキング法の開発や、ダンボールのパッケージに至るまで、一貫してデザイン・制作をし、ストックホルムファニチャーフェアへ出展した。

The lighting made from one sheet

 

JELLYFISH LIGHT is a lighting made from one sheet. It goes from flat to three-dimensional while making soft folds by fastened buttons side-by-side on the sheet. When you touch it, you can enjoy softness unusually as a light. We aimed to link three “softness”, the softness of the shape, the softness of the emitted light, and the softness of touch. They looked like a drafting “jellyfish”, so We call this lighting JELLYFISH LIGHT.

This shade has a spheroidal and symmetric shape, so it has design “strength” to be both a pendant light and a desktop light. Also, it is changed dramatically just by slightly arrange the position of the "folds"; as if it were alive. We consistently designed and created from development of a docking method with a light bulb using a 3D printer to the packaging of corrugated cardboard as well as verification of size. And exhibited at the Stockholm Furniture Fair 2019 Greenhouse.

<home

©︎2019 NEWPLAIN

contact